2012年10月26日(金)オープン!当日、午前10:00よりオープニングイベントを行います。

伊藤忠青山アートスクエア

  • トップ
  • 展覧会
  • ご挨拶
  • お知らせ
  • スケジュール
  • アクセス
  • ご利用案内
  • English
  • facebooktwitter

〒107-0061 東京都港区北青山 2-3-1 シーアイプラザB1F 03-5772-2913

展覧会

ニッポンの前掛け展

主催
ニッポンの前掛け展実行委員会
共催
伊藤忠商事株式会社
後援
経済産業省、愛知県豊橋市、豊橋商工会議所
協力
オオタマサオ
会期
2015年9月10日(木)~9月27日(日)
開催時間
11:00~19:00 会期中無休
9月22日(火・祝)、27日(日)は17:00まで
会場
伊藤忠青山アートスクエア
(東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F)
入場料
無料

会期中のイベントはこちら

ポスター:ニッポンの前掛け展

前掛け

屋号や看板商品のロゴマークがあしらわれた広告としての役割もあり、汚れ防止や腰への負担を軽減する作業着でもある。“前掛け”―日本中の商店で使われていた前掛けですが、60~70年代をピークに、その後暮らしの変化に伴いあまり見かけなくなりました。

需要が減るにつれ、本物の帆前掛けを作れる職人も減り、このまま消えてしまうかに思えた前掛けですが、近年、古くからの良さを受け継ぎつつ、全く新しいシチュエーションでの前掛け文化が生まれ、海外からの注目も高まっています。明治から続く日本の産業の歴史に欠かせない前掛け。

紡績、織り、染めの技術など、日本の職人技の数々を紹介するとともに、商店のデザインアートという面から日本の商業史を紐解きます。
伝統が新たな世界観で受け継がれることで海を越えて広がっていった前掛け文化の世界をどうぞお楽しみください。

イベントカレンダー

  • 9月22日(火・祝)

    (1) 13:00~14:00 トークショー「前掛けの魅力と昭和の日本」 定員50名

    日本一の前掛けコレクター・オオタマサオさんと、日本唯一の前掛け専門店・西村和弘さんに明治から昭和にかけての前掛け文化を様々な切り口で紹介していただきます。

    (2) 14:30~15:30 型彫り実演「魅せます豊橋の職人芸」

    豊橋なくしてニッポンの前掛けは有り得ない!伝統を受け継いだ職人たちが、前掛けを染め抜きするための型を実演で彫りながら前掛けの制作過程をレクチャーします。

    (3) 15:45~ ワンコインワークショップ「ミニ前掛けを作ろう」 定員20名 参加費500円

    名刺サイズのカードを入れられるオリジナルのミニ前掛けを作るワークショップ。

(1)(3) 申し込み先

伊藤忠青山アートスクエア TEL:03-5772-2913

Back to Top